コンポのメーカーは揃えたほうがいいよねという話

タイトルで終わりなんですけど、今ロードはSRAMグラベルシマノを使ってますが、いろいろ不便なんで揃えたほうがいいよねという話です。

 

まずブレーキ。どちらもよく効きますけど、シマノは引き代が少なくガツッと効く感じです。リムブレーキのタッチに似てるのかな。SRAMは引き代に余裕があって効き方もじわっと効きます。SRAMのほうがレバーの引き代が大きいためにハンドルに当たることもあって調整は若干面倒かも。レバーの造形はSRAMが好きですが、効き方は個人的にはシマノのほうが好みです。兎も角。効き方が自転車によって異なるのはいろいろ混乱する、というか少し危ないのでどっちかに合わせたい。

 

変速方法はロードのSRAM eTapは車のパドル式のように左右のレバーで上げ下げをする方式。グラベルシマノGRX(メカ式)は右だけで変速(1xだから左=フロントはない)。意外と間違えないけど、ぼーっとしてるとやはり間違えます。性能でみればeTapで決まりなんですが、リア変速だけに限れば変速性能はメカ式で十分困らないので、どっちでもいいかなあ。ワイヤーがない分見た目はSRAMがいいよね、高いけど。

 

あと、スプロケの規格が違うのでホイールは流用できません。チェーンもダメと、いろいろ不便。。

Bryton Rider 420

少し前からサイクルコンピュータをBryton Rider420に変えています。Garminの不満だった、バッテリーの持ち、同期の不安定さ、画面のカスタマイズのしにくさ(riderはスマホのアプリでできる)などが解消されて、概ね満足してます。特にバッテリーは体感で3倍以上持つ感じで、これだけで買い換えた価値はあるかも。おまけに格安だし。

(2021/06/01追記)いつの間にかeTapとDi2のギア表示とバッテリー残量表示にも対応していた。完璧かもしれない。

不満なところは、センサーが種別ごとに1個しか登録できないこと。複数台の自転車で使い回すと都度センサーの再登録が必要です。ちょっとめんどいですね。

(私は、スピードセンサーはグラベルバイクにだけつけてロードバイクには付けておらずパワーメーターだけ再登録なので、それほど面倒ではないのです)

あとは対応しているマウントが少ないことかな、ステムマウントがない。。

 

f:id:nononki:20210509164101j:image

f:id:nononki:20210509164105j:image

 

Redshift ShockStop STEM

サスペンションステムですね。ちょっと前に購入して少し使ったんですけど、重いし(250グラム)、あんまり効果ないような気がしてしばらく外してたんですが、長めのグラベル走ってみたら、実は効果があったことが実感できたので再装着してます。

ShockStop – Redshift Sports

でも、このステム、細いタイヤでタイヤのエアボリュームによる振動吸収が見込めないロードバイクにこそつけた方がいいと思ったりして。スペシャのfuture shockは正しいみたいです。

f:id:nononki:20210428142206j:plain

 

バルブつきのドライバッグ

以前買ったTopeakのサドルバッグには、バルブ付きのドライバッグが付属してました。袋を閉めた後にバルブで更に空気を抜けてなかなか便利です。

BackLoader [ バックローダー 6リットル ] / TOPEAK トピーク

f:id:nononki:20210427124624j:plain

 

バルブつきが普通だと思ってたんだけど、どうもついてないのが普通らしいですね。

f:id:nononki:20210427124801j:plain

単品だとバルブ付きのバッグはオルトリーブのものぐらいしかないみたいで4000円ぐらいします。バルブなしの3倍弱と結構なお値段。そう思うと、topeakのバッグはドライバッグ込みで約8000円なので、お得な買い物だったようです。

 

SRAM etapのブラケット

sram etapのブラケットは角?にくぼみがあります。

f:id:nononki:20210425115714j:image

ここに親指が収まっていい感じになります。意図してくぼみを作ったのかわかりませんが。

他に角も大きくてすっぽ抜けしづらい形状で、SRAMのブラケットが一番お気に入りです。

f:id:nononki:20210425115823j:image

残念ながら、GRXにはくぼみがないです。角の形状はいいんですけどね。惜しい。シマノのロード系は好みじゃないです。

f:id:nononki:20210425120358j:image

 

携行ツールが届いた

kickstarterでバックしたツールが届きました。

https://www.kickstarter.com/projects/daysaver/daysaver-a-bike-multitool-offering-9-tools-at-45-grams

アーレンキーの先端がピットになっています。

f:id:nononki:20210423110238j:plain

 

8,6,5,4,3,2.5mmとT25と一通り揃ってます。形状が一般的なアーレンキーの形なので使いやすいですね。

f:id:nononki:20210423110328j:plain

収納もなかなかスマート

f:id:nononki:20210423110543j:plain

 

見た目もいいし使いやすいしなかなかいいモノではないかと思います。

ただ、一点だけ難点があって、ピットを挿入するため軸が太いんですよね。なので、狭くて深い場所にあるネジには使えませんでした。私の場合だと、synapseのトップチューブ裏に収まっているシートポストのネジがダメでした。ということで、グラベルバイクで使うことにします。

(2021/5/1訂正) 上記間違いでした。挿入方向がずれていただけで、ちゃんと使えました。ということでロード、グラベル両方に使えます。

 

Travoy V2でキャンプ

唐突にキャンプがしたくなり、Travoy V2を導入してみました。1泊なので荷物も少なく、搭載は余裕です。初自転車キャンプなので近場にGO。

トラボーイV2 (TRAVOY V2) - 公式バーレー(Burley)自転車用ベビーカー,サイクルトレーラー

f:id:nononki:20210420075902j:plain

行きは猛烈な向かい風で泣きそうでしたが、2時間半ぐらいで到着。

f:id:nononki:20210420080032j:plain

テント設営してのんびりお休み。日曜日の晩なので夜になるとほとんどの人は撤収して静かに休めました。ここはすぐ近くにコンビニもあるので、初キャンプにはいいところだと思います。

f:id:nononki:20210420080145j:plain

f:id:nononki:20210420080205j:plain

自転車ライトに被せてランタンにできる優れものです。

webshop.montbell.jp

特にトラブルもなく無事帰ってきました。Travoyですが、牽引による違和感などは全くなくダンシングなども含めて普通に走行できます。極めて快適。シートポストにワンタッチで装着できるので、ロードバイクでも問題なく使用できます。ただし荷物も積んでるので登りは当然厳しいので、ギアは低めを用意した方がいいでしょうね。

ただ、車幅があるので渋滞した道路とかで(徐行しながら)左脇をすり抜けるのは難しいですね、狭い道も結構気を使います。なので、市街地などの走行はできるだけ避けたいところですね。車の少ない郊外だと気持ちよく走れそうです。北海道ツーリングとか良さそう。

Travoyの最大の魅力は搭載能力ですかね。写真を見ての通り1泊の荷物(テントシュラフなど)では1/3ほどで収まってしまいます。嵩張る荷物とか長期間のツーリングには最適かも。逆に短期間ではオーバースペックかな。

次回はバイクパッキングを試してみようと思います。